TOPこども水質保全活動助成>平成29年度 こども水質保全活動助成対象団体募集
 
 ●平成29年度「琵琶湖・淀川こども水質保全活動助成」のご案内

「琵琶湖・淀川こども水質保全活動助成」は、「琵琶湖・淀川こども水質保全活動助成要綱」に基づき、以下の要領で募集します。(募集チラシ


 助成対象事業

この助成金の対象となる事業は、琵琶湖・淀川流域で生活する小学生から高校生までの年齢の子どもたちを対象とした「水環境について知り、理解する活動」、「水質の保全・改善に関する活動」で、次のすべての視点や内容を満たす活動です。
1)琵琶湖・淀川流域をフィールドとした体験的な学習活動が含まれること
2)上流・下流のつながりなど広域的な視点があること
3)今後の水質保全活動の参考となるような創意工夫があること



 助成対象団体

次のいずれかに該当する団体を対象とします。
1)琵琶湖・淀川流域で水質保全活動に取り組むNPO法人、市民団体等で次の要件を満たす団体
    団体として意思決定が出来る規約・会則があること
    1年以上の活動実績があること
    政治活動や宗教活動、営利を目的としていないこと
2)三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県に所在する小・中・高・特別支援学校、
   またはその学校のPTAや部活動


 助成金額

1件についての助成限度額は15万円です。
2以上の団体が同じ事業にかかる経費を折半して、それぞれ別に申請することはできません。
(団体ごとに個別に事業を実施した上で、連携を図ることを妨げるものではありません。)



 助成期間

交付決定の通知日から平成30331日までとします。
申請および交付決定は単年度ごとに行います。ただし、機構が認めた場合は、最長3年まで継続することができます。(2年目以降も募集要領に従い、申請が必要です。)



 助成対象となる経費

次の経費のうち、領収書により支出の証明ができるものです。団体の運営費、食料費は対象となりません。
 謝金・・・・・・講師や専門家等への謝礼
 資料、印刷費・・チラシ、資料、報告書等の印刷費
 旅費・・・・・・交通費、宿泊費
 賃借費・・・・・会議室、機器の賃借料
 委託費・・・・・デザイン・データ整理等を委託するための経費
 備品費・・・・・事業に関わる器具・用具の購入費
    ※備品費は全体事業費の1/2までとしてください。

 通信運搬費・・・通信費、資機材発送費
 消耗品費・・・・材料や書籍、事務用品等の購入費
 保険費・・・・・活動に必要な保険料等



 表示について

助成団体は、助成事業の実施に当たり、チラシやホームページに助成事業を受けている旨の表示をしてください。

          表示例

この事業は、(公財)琵琶湖・淀川水質保全機構「琵琶湖・淀川こども水質保全活動助成」を受けて実施しています。



 応募方法

本助成を希望する団体は、別紙の申請書(様式1)に必要事項を記入の上、収支予算書(様式2)を添付し、下記の宛先まで郵送にて送付して下さい。同一申請者の複数応募はできません。ご不明な点は下記までお問い合わせください。

【送付先および問い合わせ先】
  540-0008
  大阪市中央区大手前
1丁目215号 大手前センタービル4
  公益財団法人琵琶湖・淀川水質保全機構 総務企画部

   電 話:06-6920-3035
   E-mail:hozenkiko“at”byq.or.jp(“at”を@に置き換えて下さい)

※個人情報の取り扱いについて
 ご
応募いただいた方の個人情報は機構が厳重に管理し、ご本人の承諾なしに第三者に提供
 することはありません。



 応募受付期間

  平成29年4月7日(金)から平成29年5月11日(木)

 募集要領、水質保全研究助成要綱のダウンロード

詳しくは、募集要領等をご覧ください。
募集要領
こども水質保全活動助成要綱
募集チラシ

※応募に必要な様式はこちらの 各種様式ダウンロード よりダウンロードしてください。

ページTOPへ

 

 


copyright c Lake Biwa-Yodo River Water Quality Preservation Organization all rights reserved.