ご寄付についてはこちらから
TOP琵琶湖・淀川流域の水環境情報>市民による水質調査活動(WAQU2調査隊)

市民による水質調査活動『WAQU2調査隊』

 

   

目的
公益財団法人 琵琶湖・淀川水質保全機構(通称BYQ)では、身近な川への関心が薄れてきている中、昔のように川と親しむきっかけをつくることで、水環境を考え直す時間づくりを目指したWAQU2(わくわく)調査隊を2004年(平成16年)に結成し、活動を行っています。   illustration01

水質調査の概要
川の汚れが簡単に測定できるキット(パックテスト)を使って、自分自身で、全ての調査隊員が、それぞれの近くの川で、同じ日(BYQが指定します)に一斉に調査(水質測定値・採水場所・川の様子の観察など)していただきます。
 
調査を行っている水質項目は、CODです。
その他河川の観察…水の濁りや臭い、水質調査した河川の川原の状態や生き物の様子
photo
2020年からアンモニウム態窒素、硝酸態窒素、りん酸態りんの調査を休止します。
 
調査が終わったら、調査報告書に調査結果を記入して、BYQに送付していただきます。
 
皆さんが測定した結果をもとに水質マップを作成して、調査隊員に送付いたします。

今年の調査実施日について
   
2021年は
2021年6月6日(日)
世界環境デー(環境の日)に近い日曜日
を調査基準日としています。
※当日、悪天候や都合のつかない場合は、前後1週間以内の別の日に調査いただいて構いません。

※調査キットは、調査基準日の1週間程度前にお送りします。

調査基準日は6月6日(日)です。 世界環境デー(環境の日)に近い日曜日

調査地域の新型コロナウイルス感染の状況を鑑み、基準日に調査が困難な場合は、各調査地域の感染の状況や予防策を総合的に考慮し、安全に実施できると思われる時期に調査してください。
また、安全に実施していただくために、別添「新型コロナウイルス対応による調査期間の変更とお願い」をご参照ください。
〈水質調査にあたって〉
  • ! 大雨の時、ダムの放流などにより水かさが増えている時、警報、注意報が出ている時や夜間での調査はおこなわないでください。雨が降っていなくても、増水することがあります。身の安全を第一に考えて行動してください。
  • ! 河川・湖に近づくときは、くれぐれも足元に注意してください。落水などの危険があります。
  • ! 小学生以下の隊員は必ず保護者が同行し、児童・生徒だけで水辺に近づかないようにしてください。
  • ! 万一事故が発生した場合、事務局では責任を負いかねますのでご容赦ください。
  • ! その他、隊員各自の判断で危険だと思われる場合は調査を中止して下さい。身の安全を第一に行動してください。

※ お知らせ ※
2015年8月より、「WAQU2水質マップ」のWEBシステムを停止しております。
これまでご利用いただいていた皆様には大変ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

今年もWAQU2調査隊にご参加いただく継続隊員の皆さまは、ご住所などに変更がありましたら、必ずご報告ください。(毎年、お引越しなどにより、調査キットがお届けできない事例が発生しております。)


○ 水質調査に参加していただける新規隊員を募集します!!
調査は簡単!! 事務局からお送りするパックテストを使って、
試薬の色の変化で水の状態を調べていただきます。

 
■  参加をご希望の方は下の募集チラシをご覧いただいて、応募用紙に記入の上メールやFAX、または郵送でお送りください。
〔募集チラシ〕
隊員募集フライヤー
(約110KB)
〔申込用紙〕
申込用紙
(約50KB)
  • 配布可能な調査キット数の上限に達し次第、受付けを終了いたします。(応募多数の場合は、調整させて頂く場合がございます。)
  • 調査には、気温や水温を測る温度計が必要です。今回からご参加の新規隊員の方には、温度計を配布いたしませんので、ご自身でご用意ください。
  • 調査は水際で実施するものですので危険が伴います。身の安全を第一に考えて行動してください。
  • 参加申込みは5月21日(金)まで受け付けます。
  • グループでのご参加をご希望の場合は、参加希望者名簿も別途添付してください。
  • 一斉調査日の1週間前になっても、調査キットが届かない場合は事務局へお問い合わせください。

  お申し込み・お問い合わせ先
  〒540-0008
  大阪市中央区大手前1丁目2番15号 大手前センタービル4階
  公益財団法人 琵琶湖・淀川水質保全機構 WAQU2(わくわく)調査隊 事務局
  電話:06-6920-3035
  FAX:06-6920-3036
  電子メール:waquwaqu@byq.or.jp


2020年の結果
 2020年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、6月7日(日)を調査基準日として、WAQU2調査隊の皆さんには、各調査地域の感染の状況や予防策を総合的に考慮し、安全に実施できると思われる時期に調査していただきました。
 隊員の皆さんから届いた調査や河川の様子の写真をご紹介します。

今年も『WAQU2調査隊』始まりました!
 
人を自然に近づける川いい会 さんは毎年ご参加くださってます。
 

事務局担当者も調査してきました。
 
色が変化した試薬と色見本を照合して数値をみます。
 

今年も、続々と皆さんから調査結果が届いています。
 
調査結果はエクセルで集計してまとめます。
 

○ 浅瀬では川に入って採水しておられます。   ○ そしてパックテストの色の変化を調べてます。
 

久御山町のふれあい交流館ゆうホールからご参加です。こちらも浅瀬に入って採水してくださいました。
 
草津市 葉山川の調査地点付近にはホタルもいるそうです
 

ガールスカウト大阪第21団さんは今年も参加してくれました。
 
2月半ばから活動できていませんでしたが、6月に入り、6年生スカウトのみで水質調査してくれました。
ガールスカウト大阪第21団   ガールスカウト大阪第21団

水質調査に合わせて生き物観察もしました。
 
神崎川の支流・糸田川ではアゲハチョウやアキアカネ?も観察できました。
ガールスカウト大阪第21団   ガールスカウト大阪第21団

猪名川キッズクラブのみんなも真剣に調査中です。
 
 
 
猪名川キッズクラブ    

ここから少し、隊員の皆さんが送ってくださった川の写真をご紹介します。
(クリックすると大きな写真がご覧になれます。)

○ 大阪市内を流れる大川に掛かる飛翔橋の下です。   ○ 淀川河川公園の庭窪ワンドです。
大川・飛翔橋   淀川河川公園・庭窪ワンド

○ 竜田川、念仏橋付近です。   ○ 瀬田川へ流れる大戸川です。
竜田川   大戸川

○ 栗東市内にある事業所の横を流れる葉山川   ○ 同じく葉山川の、こちらは六地蔵団地裏
葉山川   葉山川

○ 信楽から瀬田川にそそぐ信楽川   ○ 高槻市内を流れる芥川・門前橋付近
信楽川   芥川

○ 大津市を流れる際川・勧学橋下下流側より撮影   ○ 柳ヶ崎砂浜公園 柳川河口付近より琵琶湖大橋を望む
際川   柳川

○ 梅田の摩天楼を望む淀川の十三干潟   ○ 琵琶湖の北西部 新旭の針江
淀川   針江大川

○ 猪名川・多田付近こんにゃく橋の下   ○ 吹田市内を流れる糸田川
猪名川   糸田川


ご紹介した写真はほんの一部です。写真をご提供くださった隊員のみなさま、どうもありがとうございます。

また、全国水環境マップ実行委員会の『第17回身近な水環境の全国一斉調査』のデータとしても活用されます。
参加していただいた隊員の皆さんには、集計結果をまとめたリーフレットをお送りします。

2020年の水質調査結果がまとまり次第、こちらで公表いたします。
しばらくお待ちください。

WAQU2調査隊2020の水質調査結果はこちらから


『第17回身近な水環境の全国一斉調査』のホームページはこちらから
2019年(令和元年)の調査結果はこちらから
2018年(平成30年)の調査結果はこちらから
2017年(平成29年)の調査結果はこちらから
2016年(平成28年)の調査結果はこちらから
 

● 水質調査マニュアルはこちらからダウンロードできます。 (PDF・約4MB)
  水質調査マニュアルカバー  
● パックテストの使用方法は、全国水環境マップ実行委員会のホームページをご覧下さい。
● 動画による測定方法の説明はこちらから    【製作:株式会社 共立理化学研究所】
    ※ Internet Explorer 11以外のブラウザでは、再生できない場合があります。

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe systems社のAdobe Acrobat Readerが必要です。 Get adobe reader



■ サイト内検索