文字を拡大するには
機構概要 賛助会員募集 出版物 サイトマップ リンク集 お問い合わせ
BYQネットワーク 交流の広場 イベント情報 水質浄化技術の開発 水環境情報 水環境保全対策の検討

TOP琵琶湖・淀川流域の水環境情報>市民による水質調査活動(WAQU2調査隊)
市民による水質調査活動

今年も、5月20日(土)を一斉調査日として、WAQU WAQU調査隊の皆さんに身近な川の水質調査をおこなっていただきます。

   
   


※ お知らせ ※
2015年8月より、「WAQU2水質マップ」のWEBシステムを停止しております。
これまでご利用いただいていた皆様には大変ご迷惑をおかけし申し訳ございません。
公益財団法人 琵琶湖・淀川水質保全機構(通称BYQ)では、身近な川への関心が薄れてきている中、昔のように川と親しむきっかけをつくることで、水環境を考え直す時間づくりを目指したWAQU2(わくわく)調査隊を2004年(平成16年)に結成し、活動を行っています。   illustration01
 
川の汚れが簡単に測定できるキット(パックテスト)を使って、自分自身で、全ての調査隊員が、それぞれの近くの川で、同じ日(BYQが指定します)に一斉に調査(水質測定値・採水場所・川の様子の観察など)していただきます。
 
調査を行っている水質項目は、CODアンモニア態窒素硝酸態窒素りん酸態りんです。 photo
 
調査が終わったら、調査報告書に調査結果を記入して、BYQに送付していただきます。
 
皆さんが測定した結果をもとに水質マップを作成して、調査隊員に送付いたします。
 
 
   
 今年の調査実施日は
2017年5月20日(土)
※当日、悪天候や都合のつかない場合は、前後1週間以内の別の日に調査いただいて構いません。

※調査キットは、調査実施日の1週間程度前にお送りします。

  • ! 大雨の時、ダムの放流などにより水かさが増えている時、警報が出ている時や夜間での調査はおこなわないでください。
  • ! その他、隊員各自の判断で危険だと思われる場合は調査を中止して下さい。
  • ! 河川・湖に近づくときは、くれぐれも足元に注意してください。
  • ! 小学生以下の隊員は必ず保護者が同行し、児童・生徒だけで水辺に近づかないようにしてください。
 
● 水質調査マニュアルはこちらからダウンロードできます。 (PDF・10.6MB)
  水質調査マニュアルカバー  
● パックテストの使用方法は、全国水環境マップ実行委員会のホームページをご覧下さい。
● 動画による測定方法の説明はこちらから    【製作:株式会社 共立理化学研究所】
    ※ Internet Explorer 11以外のブラウザでは、再生できない場合があります。
但し、上記のホームページはCODのみの測定になっております。他の項目を測定する場合、 各項目ともに水温で反応時間が異なりますのでご確認をお願いいたします。
 
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe systems社のAdobe Acrobat Readerが必要です。 Get adobe reader




2016年WAQU WAQU調査隊 水質調査の結果はこちらから
       

 



琵琶湖・淀川流域の水環境の現状 琵琶湖・淀川流域の水質情報 市民による水質調査活動(WAQU²調査隊)



Since 1997.12 / Last Update 2017.4
Lake Biwa-Yodo River Water Quality Preservation Organization