リサーチ
琵琶湖・淀川流域水環境情報
水環境保全対策の検討
水質浄化技術の開発(Biyoセンター)
イベント
BYスタンプラリー
WAQU2(わくわく)調査隊
シンポジウム
コミュニケーション
BYQネットワーク
リンク集
機構概要
情報公開
出版物
サイトマップ
サイトポリシー
お問合せ
アクセス
 
■ サイト内検索






 
私達は、『海と日本プロジェクト』推進パートナーの一員です。

TOP琵琶湖・淀川流域の水環境情報>琵琶湖・淀川流域の水環境の現状(下水道整備)

琵琶湖・淀川流域の水環境の現状

用語の解説
●下水道整備

   流域全体の下水道普及率は平成29年度末では95%を超えている。流域における下水道の普及状況を府県別にみると、京都府、大阪府、兵庫県など人口の集中する中・下流の府県では97~99%と比較的高くなっている。三重県、奈良県では、近年整備が進んできてはいるものの、まだ未整備の地区が残る。  

流域内での下水道普及率の推移
  公益社団法人日本下水道協会「下水道統計」
国土交通省「下水道データ室」より作成

























琵琶湖・淀川水系の流域概要 人口 水需要 琵琶湖の水質 河川の水質 大阪湾内の水質 汚水処理施設の整備 下水道の整備

Since 1997.12 / Last Update 2020.03
Lake Biwa-Yodo River Water Quality Preservation Organization