文字を拡大するには
機構概要 賛助会員募集 出版物 サイトマップ リンク集 お問い合わせ
BYQネットワーク 交流の広場 イベント情報 水質浄化技術の開発 水環境情報 水環境保全対策の検討

TOP琵琶湖・淀川流域の水環境情報>琵琶湖・淀川流域の水環境の現状(汚水処理施設の整備)



琵琶湖・淀川流域の水環境の現状
 
  ●汚水処理施設の整備

   流域各府県では公共用水域の水質保全のため、生活排水対策として主に下水道整備を行っているが、下水道が普及していない地域では、合併浄化槽や農業集落排水処理施設等の設置を推進するなど、生活排水を未処理のまま放流しないように各種対策を実施している。平成27年度末の流域府県の汚水処理人口普及率は約96%であり、そのうち下水道によるものは約89%である。府県別にみると、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県の汚水処理人口普及率は90%を超えているが、三重県、奈良県など上流域ではやや低い普及率となっており、生活排水対策事業の推進が求められる。  

汚水処理施設整備状況(平成26年度末)

 処理施設名

処理人口(千人)

 下水道 19,332
 農業集落排水施設等
  漁業集落排水施設
  林業集落排水施設等
  簡易排水施設 を含む
425
 合併処理浄化槽 956
 コミュ二ティプラント 76
20,790
 総人口 21,681
 汚水処理施設整備率(%) 95.89%
注1)流域外を含む府県全域を対象
注2)総人口、汚水処理人口は四捨五入の関係上、合計が合わないことがある。
環境省「汚水処理人口普及状況について」(各年度)により作成


 流域全体の下水道普及率は平成26年度末では約95%になっている。流域における下水道の普及状況をみると、京都府、大阪府、兵庫県など人口の集中する中・下流の府県では90〜99%と比較的高くなっている。
 三重県、奈良県では、近年整備が進んできているものの、まだ未整備の地区が残る。
流域内の下水道普及率の推移
流域内の下水道普及率の推移
公益社団法人日本下水道協会「下水道統計」より作成



琵琶湖・淀川水系の流域概要 人口 水需要 琵琶湖の水質 河川の水質 大阪湾内の水質 汚水処理施設の整備 下水道の整備

Since 1997.12 / Last Update 2017.3
Lake Biwa-Yodo River Water Quality Preservation Organization