リサーチ
琵琶湖・淀川流域水環境情報
水環境保全対策の検討
水質浄化技術の開発(Biyoセンター)
イベント
BYスタンプラリー
WAQU2(わくわく)調査隊
シンポジウム
コミュニケーション
BYQネットワーク
リンク集
機構概要
情報公開
出版物
サイトマップ
サイトポリシー
お問合せ
アクセス
 
■ サイト内検索






 
私達は、『海と日本プロジェクト』推進パートナーの一員です。

TOP琵琶湖・淀川流域の水環境情報>琵琶湖・淀川流域の水環境の現状(河川の水質)

琵琶湖・淀川流域の水環境の現状

用語の解説
●河川の水質

  【木津川】
 木津川御幸橋でのBOD(75%値)は平成16年度頃まで増減を繰り返していたが、それ以降改善が進み、平成30年度は0.8mg/Lであった。玉水橋でのBOD(75%値) においても同様に増減を繰り返し、平成30年度は0.8mg/Lであった。両地点ともに環境基準値(2.0mg/L) を達成している。
 

木津川のBOD(75%値)の推移

  注)採水地点:水深の2割の水位
京都府「公共用水域及び地下水の水質測定結果」より作成

  【宇治川】
 BOD(75%値)は御幸橋で昭和50年度以降減少傾向を示し、平成30年度は1.0mg/Lであった。隠元橋においても昭和50年代以降減少傾向を示し、平成30年度は0.9mg/Lであった。両地点ともに環境基準値を達成している。
 
 
 

宇治川のBOD(75%値)の推移

  京都府「公共用水域及び地下水の水質測定結果」より作成

  【桂川】
 渡月橋のBOD(75%値)は昭和50年度から横ばい傾向を示し、平成30年度は0.7mg/Lであった。西大橋では昭和53年度以降改善されてきており、平成30年度には0.6mg/Lであった。宮前橋では汚濁の著しかった昭和50年代前半は10mg/L以上を示したが、その後改善されてきており、平成30年度は1.2mg/Lとなった。いずれの地点も環境基準値を達成している。
 
 

桂川のBOD(75%値)の推移

京都府「公共用水域及び地下水の水質測定結果」より作成

  【淀川】
 淀川上流の枚方大橋の左岸、流心、右岸でのBOD(75%値)は、昭和60年頃より改善されてきており、平成30年度は、左岸が1.1mg/L、流心、右岸が1.0mg/Lであり、環境基準値(3.0mg/L) を達成している。
 
 

淀川上流のBOD(75%値)の推移

「大阪府域河川等水質調査結果」より作成
エクセルデータのダウンロードはこちら


琵琶湖・淀川水系の流域概要 人口 水需要 琵琶湖の水質 河川の水質 大阪湾内の水質 汚水処理施設の整備 下水道の整備

Since 1997.12 / Last Update 2020.03
Lake Biwa-Yodo River Water Quality Preservation Organization