ご寄付についてはこちらから
TOP水質保全研究助成>令和元年度および令和2年度水質保全研究助成成果報告会

令和元年度および令和2年度 水質保全研究助成 成果報告会


●令和元年度および令和2年度 水質保全研究助成 成果報告会 開催のご案内
令和3年3月18日(木)に『令和元年度および令和2年度 水質保全研究助成 成果報告会』を開催します。
今回は、新型コロナウイル感染拡大の影響により延期になっておりました令和元年度の報告会と合わせて開催いたします。

 ● 今回は、オフィスやご自宅からご参加いただけるオンラインにて開催します。

 ● 参加は無料ですのでふるってご参加ください。

※ 報告会へのご参加には、事前に「Zoomウェビナー登録フォーム」経由でのお申し込みが必要です。
※ 定員は先着100名となりますので早めのご登録をお願いします。


日  時
令和3年3月18日(木) 午後1時30分~午後4時30分
場  所
オンライン開催  〔Zoomビデオウェビナー〕
申込方法
下のアイコンをクリックして必要事項を記入して登録してください。

● ご登録後、受付確認メールが届きます。
※登録フォームに入力したメールアドレス宛に、アクセスコードが自動配信されますので、
セミナー当日の開催まで大切に保管してください。

<申込み・問い合せ先>
 
公益財団法人 琵琶湖・淀川水質保全機構 総務企画部 成果報告会担当
〔 電 話 〕
06-6920-3035
〔ファックス〕
06-6920-3036
〔Eメール〕
hozenkiko@byq.or.jp


  プログラム
 
開会〔13:30〕
 
令和元年度 研究助成成果報告
時間 研究テーマ 団体及び発表者 研究分野
1 13:35~14:00 湖沼における細菌由来溶存有機物の寄与:鏡像異性体バイオマーカーを用いた定量法の確立 滋賀県琵琶湖
環境科学研究センター
研究員 山口 保彦 氏
新たな富栄養化の課題・視点や異臭味の発生に関する調査研究
2 14:00~14:25 臨床領域で対策が求められている薬剤耐性菌の河川環境中における動態 大阪薬科大学大学院
薬学研究科
助教 東 剛志 氏
安全で安心な水のための健康リスクに関する調査研究
3 14:25~14:50 消毒副生成物前駆体としての琵琶湖・淀川水系における超親水性溶存有機物の存在実態 京都大学大学院工学研究科
准教授 越後 信哉 氏
≪休憩≫ (10分)
令和2年度 研究助成成果報告
時間 研究テーマ 団体及び発表者 研究分野
1 15:00~15:25 琵琶湖底質-湖水間における溶存有機物生産機能の新規評価法の検討 京都工芸繊維大学
准教授 布施 泰朗 氏
流域水環境管理のための水質やその指標に関する調査研究
2 15:25~15:50 淀川流域における残留移動性有機化合物ジフェニルグアニジン(DPG)の存在実態-環境水中DPG分析法の確立と濃度分布の把握 大阪市立
環境科学研究センター
研究員 市原 真紀子 氏
安全で安心な水のための健康リスクに関する調査研究
3 15:50~16:15 淀川水系における各種ふん便汚染源追跡指標(微生物遺伝子マーカー)の調査 地方独立行政法人
大阪健康安全基盤研究所
主任研究員 肥塚 利江 氏
講評
時間
16:15~16:30  (公財)琵琶湖・淀川水質保全機構 学術委員長、琵琶湖・淀川水質浄化研究所長 津野 洋
閉会〔16:30〕
※プログラムは予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

  会場へのアクセス
ドーンセンターへの地図
【ドーンセンター所在地】
住所:大阪市中央区大手前1丁目3番49号
電話:06-6910-8500
●電車でお越しの方
  • 京阪「天満橋」駅 東出口から地下通路を通り1番出口より東へ約350m
  • 地下鉄谷町線「天満橋」駅1番出口より東へ約350m
  • JR東西線「大阪城北詰」駅2番出口より西に約550m
●車でお越しの方
  • 阪神高速道路東大阪線「法円坂」出口を出てすぐの交差点を左折し、上町筋を北へ約5分
  • ドーンセンター立体駐車場:30min/200円(普通車のみ・92台)

  チラシのダウンロード

〔表〕
概要、プログラム

  参加お申し込み

<問い合わせ先>
  公益財団法人 琵琶湖・淀川水質保全機構 総務企画部 成果報告会担当
pictgram_phone 電話 06-6920-3035
pictgram_fax FAX 06-6920-3036
pictgram_pc E-Mail hozenkiko@byq.or.jp




■ サイト内検索